ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

夏になる前に

5月のGWは如何お過ごしでしたでしょうか?

梅雨入り前には身体も重くなりやすく

なかなか運動する機会も減ってまいりますが

こんな時期こそ体幹を作り、少しでもトレーニングが必要です

ジムではプロたちが懇切丁寧な指導で

未経験の方でも無理なくすぐに楽しめる練習を指導しております

体験レッスンのお申込みは当日でも可能です

お腹周りが気になって来た、ここ数年体重が落ちなくなって来た、等々

どんなお悩みにもボクシングは最適です

お気軽にお電話お待ちしております! 03-3583-6007  ピューマ渡久地ジム

コブラ諏訪がWBCアジアスーパーウェルター級王者に

4月24日バンコクで、WBCアジア正規タイトル王座決定戦が行われ、
コブラ諏訪が5ラウンドTKO勝利を収めました。
コブラ諏訪は、WBCアジアスーパーウェルター級正規王者になりました。

皆さまのたくさんの応援で獲得できた勝利です。
本当にありがとうございます。

引き続き、今後とも応援よろしくお願いいたします!
 

IMG_1875.JPG IMG_1876.JPG

 

デスティノジャパン(紹介記事)

 

ボクサー人生最大にして、ラストチャンス。3月16日、ピューマ渡久地ジム所属としてA級ボクサー登録を終えた元ドミニカ共和国代表のオリンピアン(31歳)は、自らのリングネームをデスティノジャパンと命名。「日出る国」で拳闘選手としてデスティノ(最終到達地点の意)が見据えるのは、スーパーライト級世界王者のベルトなのか。
(岡庭 慎)

 

デスティノジャパンこと、ブラディミール・バエス(愛称・ブラディ)は1984年49日、ドミニカ共和国のほぼ中央に位置する、スポーツが盛んで大規模な祭りでも世界中にその名を知られる、ラ・ベガ州で生を受けた。12歳でボクシングを始めたブラディミール少年はすぐに頭角をあらわし、EDPAサンティアゴ・タイトルで優勝。コパ国際大会では銅メダルを獲得するなど、同地のトップ・アマ選手として名をあげ、04年にはアテネ五輪のドミニカ代表選手にも選出されたが、輝く五輪メダルには惜しくも手が届かなかった。アマでの通算戦績は、200戦以上をこなし、9割以上の勝率を記録してきたが、色良い条件でのプロ入りスカウトは皆無だった。家が貧しい彼には、プロに進む以外選択肢はなかった。07年6月、23歳とやや遅いプロ・デビュー。その後、順調にプロとしてのャリアを積み重ねるがマネージメントには恵まれず、世界への道が開かれることはなかった。強打と技術を兼ね備えたドミニカ人のキャリアはここまでかと思われた。(ドミニカでの)プロ戦績は、24戦20勝18KO2敗2分。昨年4月、彼に転機が訪れた。旧知の後輩で同郷である、ザッパトウキョウ(ピューマ渡久地ジム所属・スーパーバンタム級=29歳)に日本行きを誘われ、ピューマ渡久地ジムを訪れることになったのだ。渡久地聡美会長が当時を語る。「当ジムの2度のキャンプ(九十九里浜の海岸、市原ベルセルバカントリークラブ・ゴルフ場)に参加したブラディは、とても優秀なフィジカル・トレーナーとしてコブラ諏訪ほか選手たちにとてもクオリティの高い指導をしてくれました。それを見て、(フィジカル)トレーナーを務めてもらおうかと考えていたのですが・・・」。その話を聞いたブラディの答えは、意外にも「NO」。まだまだ現役で戦えることを渡久地会長に熱心にアピールしてきたという。

 

「彼は1日中、ボクシングのことを考えていて、口から出るのはボクシングのことばかりの、とても真面目な人間なんですね。そんな彼の日常の姿勢に、私は強く心を動かされたのです・・・」。行動力に長けるスマートな渡久地会長は、駐日本ドミニカ共和国領事館を何度も訪れるなど関係各位の協力を万全に得て、ブラディに就労ビザを取得させることに成功。晴れてピューマ渡久地ジム所属のA級ボクサーとなったのである。

ブラディは「恵まれた環境を与えてくれ、世界王者になる最後のチャンスをくれたボス(渡久地会長)には、心から感謝しています。このジムに世界王者のベルトを持ち帰れるよう努力を惜しみません」。リングネームにJAPANを冠したドミニカ人は、控えめに白い歯を見せた。

ボクシングライター
岡庭 慎

 

IMG_1829.JPG   IMG_1828.JPG
 ドミニカ共和国大使館で大使に表敬訪問した際  デスティノジャパン

 


 

 

デスティノジャパン

かつてより当ジムでトレーナーとしてサポートしてくれた
ブラディことブラディミールバエスは
3月16日付けでJBCよりライセンスを取得し
当ジム所属で2年のブランクを越えて試合をしていくこととなりました。

普段より練習生の皆さんからの評判も良く
熱心に指導してくれるデスティノジャパンは
3月14日にドミニカ共和国大使館でエクトルドミンゲス大使に表敬訪問し
激励のお言葉を頂戴いたしました。

ボクサー人生の最後を日本の地に選んだデスティノジャパンを
今後ともあたたかく見守っていただけると幸甚です。

またスポンサーも同時募集しております。
今後とも応援よろしくお願いいたします。

元ドミニカチャンピオン

昨年より当ジムで練習していたBAEZ TAVERAS  BLADIMIR ARGENYが

本年度より当ジムで選手兼トレーナーとして契約することとなりました。

(24戦20勝18KO2敗2分 元スーパーライト級ドミニカチャンピオン)

引き出しも多く、性格も明るいブラディは昨年も練習生の皆さまから大変好評で

ジムとしても大変期待をしており、再びタイトルへ向けスポンサーも大募集です。

引き続き応援どうぞよろしくお願いいたします! 

 

 

 

謹賀新年

2016年元旦

本年も皆さまにとってご健康でご多幸な一年となりますように・・・

今年も一年よろしくお願いいたします

 

会長  渡久地聡美 

 

 

今年も一年

本当にありがとうございます。

2015年は7戦7勝4KOと、試合数は少なかったのですが

二度の海外遠征と、ジム創設以来初めての100%の勝率を上げることができました。

今年は設立15周年にWBCアジアシルバータイトル獲得、PABAタイトル獲得と

二本のベルトを獲得した本当に記念すべき15年目となりました。

これもひとえに練習生をはじめ応援くださる皆さまのお陰だと感謝でいっぱいです。

来年も、心ひとつにチーム一丸となって更なる飛躍を目指してまいります。

新年は1月5日より通常営業いたします。

来年も引き続きピューマ渡久地ジムをどうぞよろしくお願いいたします。 

 

会長 渡久地聡美 

 

 

 

 

今年も残すところ40日!

2015年、当ジムにとってはジム設立15年目に突入し

初の海外遠征、タイトル獲得と目まぐるしい一年となりました。

新たなプロも仲間入りし、国際色豊かな港区らしいジムになっています。

12月は年内締めくくりが再びバンコクでのPABAの王座決定戦という

15年目に相応しいタイトル戦に恵まれた2015年です。

選手のモチベーションも日々高まり

ジムにはとても良い空気が流れています。

緊張感の中にもリラックスした、肩の力が抜けた空間です。

良いパフォーマンスもリラックスが前提。

日々に感謝し、今ある環境に感謝し、支えてくださる方々への御恩返しに

今日もプロ一同心を込めてトレーニングに励みます。

PABAの王座決定戦まで約3週間となりました。

引き続き応援よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

会長   渡久地聡美 

 

 

 

 

 

久しぶりの

ブログ更新となりました。

7月25日にコブラ諏訪が初海外遠征でのWBCアジアシルバータイトルを獲得し

激動の毎日を過ごしておりました。

ジムは10月より新たなプロたちが練習生の皆さまへの指導に当たっており大好評でおります。 

新規入会者も増え、スポーツの秋らしくジムも活気付いてまいりました。

12月にはコブラ諏訪がWBA傘下団体であるPABAの王座決定戦が決まり

今年はアジアにご縁の深い一年となりそうです。

ジムでは毎日スペイン語、英語が飛び交う環境ですので海外のジムにいるような自由な雰囲気で

練習生の皆さまが楽しく練習しております。 

当ジムを通じて素敵なご縁や素敵なボディを手に入れてくださると嬉しいです。 

心身共に強くなりたいのは男性だけでなく女性も同じ

性別を超え、各々が目標に向かって楽しく頑張れるジムを目指しております。 

ボクシングを知らない方も、ボクシングの経験者も

どんな方でも当ジムは大歓迎です。

ボクシングはダイエットだけでなく余計な雑念も余計な脂肪も取り除いてくれます。

迷っている方!ぜひ一度体験レッスンにお越しください。

最高な練習生と最高な指導陣の中で一緒にボクシングをやりましょう。

プロになりたい、プロテストだけ受けたい、

貴方の望みを精一杯サポートいたします。 

 

 

会長  渡久地聡美 

 

 

 

 

 

コブラ諏訪初海外遠征

今回当ジムではタイ国バンコクまで初の海外遠征に行ってきました

コブラの応援協賛金、激励賞を本当にありがとうございました

当ジムプロ第一号のコブラが、プロデビュー12年目にしての戴冠は

支えてくださる皆さまのおかげだと心より感謝申し上げます

今後益々精進し更なる高みを目指しますので引き続き応援よろしくお願いいたします