ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

6月23日(金)コブラ諏訪2年2か月ぶり後楽園ホール!

本日22日(木)は前日計量を200gアンダーでパス

明日の試合は18時開始~の全5試合と試合数が少ないです

セミファイナルのコブラ諏訪は第4試合目ですので

なるべくお早目に後楽園ホールを前座からお楽しみください!

 

ジムはお休みとなります

練習生の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

会長  渡久地聡美

 

コブラ諏訪 (紹介記事)

6月23日(金)のセミファイナルに登場するコブラ諏訪は今から36年前、カナダのトロントで生を受けた。開業医である両親のもと、6歳まで米国・ロサンゼルスで育った彼だが、両親の離婚が原因で日本に戻ることになる。

「当時は日本語が話せないから友達もできず、言葉の壁で勉強も遅れました」。そう幼少時を振り返る、諏訪。学生時代は足が抜群に速く、陸上部からスカウトを受けるほどで、現在もピューマ渡久地ジム精鋭たちが揃い走り込みを中心としたキャンプに出掛けるとコブラに短距離走で勝てる選手はいない。

時を経て03年7月。プロ・ボクサーとしてのスタートを切った諏訪は、後楽園ホールでのデビュー戦を見事な1回KO勝利で飾るが、以降、勝ちと負けを繰り返し、決して順風満帆なプロ生活ではなかった。2013年3月、東洋太平洋ウェルター級王者の渡部あきのり(協栄)に挑戦し6回TKOで敗れ、続けて10月には日本同級王者の高山樹延(角海老宝石)にも最終ラウンドでダウンを奪うも10回判定で敗れ、ベルト奪取はならなかった。

ロングセラー「餃子ダイエット」の著者としても知られ、その美貌、抜群の容姿でメディアに取り上げられることも多く、業界内外にファンが多い女史、渡久地聡美会長は、斬新なアイデアを愛弟子に与えた。「海外のリングに地域王者のベルトを奪いに行こう」というものである。その作戦は見事に功を奏し、2015年3月以降、続けてタイのリングに上がり続けた諏訪は、日本未公認ながらPABA、WBC/ABCOなどの地域王者のベルトを着実にコレクションしてきた。「意識朦朧とするくらいの暑さのなか、タイのデコボコなリングでの上でタイトルマッチを勝ち抜いてきたのは「経験」という名のかけがえのない財産になった」という。

昨年12月、意外にもラーチャシー・シットサイトン(タイ)に僅差の12回判定負けで虎の子のベルトを失うことになるが、そのラーチャシーは次戦で大石豊(井岡弘樹)を12回TKOで下し、東洋太平洋スーパーウェルター級王座をも手中にする実力者なのであった。コブラとラーチャーシーによる第3戦が行われることを心待ちにする熱心なボクシング・ファンは多い。

約2年2ケ月ぶりに東京・後楽園ホールのリングにかえってくる諏訪。「うれしい反面(後楽園ホールは)特別な場所。良い意味で緊張します」。弾けるような笑顔で語った。対するポンパノム・ペットブームジムは、15戦9勝3KO4敗2分のレコードを誇るタイ戦士で、今回が日本初来日。朝は6時起きでロードワーク。午前中は身体のメンテナンス。午後からジムのサポートを行い、夕方からは自らのジムワーク。そんな愚直なまでにストイックな生活を長年続けてきている諏訪。トレーナーで現役ボクサーを兼ねる、デスティノ・ジャパンとの息はぴったりである。「まずは目の前の再起戦に全力を注ぎます。今後、どんなチャンスでもどん欲に追いかけていきます。コブラ諏訪に期待してください!」。(岡庭 慎)

 

 

2017524165317.JPG
 

ダイエット総選挙2017

昨日、ダイエット総選挙の第二弾、夏の陣がオンエアされました。

第一弾は今年1月のお正月特番で

「餃子ダイエット」のチームお酒っこのコーチをさせていただきました。

堀口さん、猫田さん、今成さんも大奮闘し、3ヶ月で食べながら20キロ以上のダイエットに成功!!

スタッフの皆さまにも大変お世話になりました。

お陰様で今ではとても貴重な経験と思い出です。

 

昨日の第二弾では、餃子ダイエットではありませんでしたが

前回同様、ダイエット期間に一度だけのボクシングの減量メニューで

ダイエッターたちに地獄のトレーニングを指導いたしました。

減量とダイエットとは全く異なるものですが

一番の目的は「自分に負けない強い気持ちでやり抜くこと」です。

ダイエッターのメンバーの皆さんには、ボクサーの減量を一般向けにアレンジし

短時間で効率の良い発汗メニューを組ませていただきました。

短時間であればあるほど苦しいのですが、練習後の皆さんの爽快な笑顔は、達成感で溢れていました。

 

ボクサーの減量は芯からの発汗で体脂肪を燃焼し、筋肉量を落とさず水分を抜いていきます。

闘う身体に筋肉は必須。当ジムでは試合10日前からこのような方法で体重を絞っていきます。

ダイエットの場合は、筋肉量を落とさずに脂肪分だけをそぎ落とし、代謝を高めてあげることが大切です。

水抜きですから飲めば戻るのですが、全て分量を定めて行けば体重コントロールはとても簡単です。

筋量を増やし、余分な脂肪をそぎ落とすことで、メリハリ美ボディが作られます。

 

数々のダイエットで挫折された方々の駆け込み寺として

興味のある方はぜひ入会をご検討ください。

年齢問わず、男性も女性も大歓迎でお待ちしております。

 

 

会長  渡久地聡美

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HPリニューアル

この度、当ジムHPがリニューアルされました!

春になり、気温も暖かくなると女性の体験レッスンも一段と多くなりました。

薄着になる夏はもう目前!!

ダイエットや、鍛えた美しい肉体を作るには、ボクシングはとても最適です。

当日の、体験お申込みの場合お電話なら受付可能です。

体幹を鍛え、筋肉を鍛え、代謝を上げて美しく健康的な身体作りをサポートさせていただきます。

 

ピューマ渡久地ジム体験のお申込み ➧➧➧ 03-3583-6007

 

【料金】

体験レッスンマンツーマン 45分 2,160円 

体験レッスンプロ志望者  45分 1,080円

 

 

 

 

 

 

夏になる前に

5月のGWは如何お過ごしでしたでしょうか?

梅雨入り前には身体も重くなりやすく

なかなか運動する機会も減ってまいりますが

こんな時期こそ体幹を作り、少しでもトレーニングが必要です

ジムではプロたちが懇切丁寧な指導で

未経験の方でも無理なくすぐに楽しめる練習を指導しております

体験レッスンのお申込みは当日でも可能です

お腹周りが気になって来た、ここ数年体重が落ちなくなって来た、等々

どんなお悩みにもボクシングは最適です

お気軽にお電話お待ちしております! 03-3583-6007  ピューマ渡久地ジム

コブラ諏訪がWBCアジアスーパーウェルター級王者に

4月24日バンコクで、ラーチャシーシットサイトーン(タイ)とWBCアジア王座決定戦が行われ
コブラ諏訪が5ラウンドTKO勝利を収めました。
昨年獲得したシルバー王座より、WBCアジアスーパーウェルター級王者になりました。

皆さまのたくさんの応援で獲得できた勝利です。
本当にありがとうございます。

引き続き、今後とも応援よろしくお願いいたします!
 

IMG_1875.JPG IMG_1876.JPG

 

デスティノジャパン(紹介記事)

 

ボクサー人生最大にして、ラストチャンス。3月16日、ピューマ渡久地ジム所属としてA級ボクサー登録を終えた元ドミニカ共和国代表のオリンピアン(31歳)は、自らのリングネームをデスティノジャパンと命名。「日出る国」で拳闘選手としてデスティノ(最終到達地点の意)が見据えるのは、スーパーライト級世界王者のベルトなのか。
(岡庭 慎)

 

デスティノジャパンこと、ブラディミール・バエス(愛称・ブラディ)は1984年49日、ドミニカ共和国のほぼ中央に位置する、スポーツが盛んで大規模な祭りでも世界中にその名を知られる、ラ・ベガ州で生を受けた。12歳でボクシングを始めたブラディミール少年はすぐに頭角をあらわし、EDPAサンティアゴ・タイトルで優勝。コパ国際大会では銅メダルを獲得するなど、同地のトップ・アマ選手として名をあげ、04年にはアテネ五輪のドミニカ代表選手にも選出されたが、輝く五輪メダルには惜しくも手が届かなかった。アマでの通算戦績は、200戦以上をこなし、9割以上の勝率を記録してきたが、色良い条件でのプロ入りスカウトは皆無だった。家が貧しい彼には、プロに進む以外選択肢はなかった。07年6月、23歳とやや遅いプロ・デビュー。その後、順調にプロとしてのャリアを積み重ねるがマネージメントには恵まれず、世界への道が開かれることはなかった。強打と技術を兼ね備えたドミニカ人のキャリアはここまでかと思われた。(ドミニカでの)プロ戦績は、24戦20勝18KO2敗2分。昨年4月、彼に転機が訪れた。旧知の後輩で同郷である、ザッパトウキョウ(ピューマ渡久地ジム所属・スーパーバンタム級=29歳)に日本行きを誘われ、ピューマ渡久地ジムを訪れることになったのだ。渡久地聡美会長が当時を語る。「当ジムの2度のキャンプ(九十九里浜の海岸、市原ベルセルバカントリークラブ・ゴルフ場)に参加したブラディは、とても優秀なフィジカル・トレーナーとしてコブラ諏訪ほか選手たちにとてもクオリティの高い指導をしてくれました。それを見て、(フィジカル)トレーナーを務めてもらおうかと考えていたのですが・・・」。その話を聞いたブラディの答えは、意外にも「NO」。まだまだ現役で戦えることを渡久地会長に熱心にアピールしてきたという。

 

「彼は1日中、ボクシングのことを考えていて、口から出るのはボクシングのことばかりの、とても真面目な人間なんですね。そんな彼の日常の姿勢に、私は強く心を動かされたのです・・・」。行動力に長けるスマートな渡久地会長は、駐日本ドミニカ共和国領事館を何度も訪れるなど関係各位の協力を万全に得て、ブラディに就労ビザを取得させることに成功。晴れてピューマ渡久地ジム所属のA級ボクサーとなったのである。

ブラディは「恵まれた環境を与えてくれ、世界王者になる最後のチャンスをくれたボス(渡久地会長)には、心から感謝しています。このジムに世界王者のベルトを持ち帰れるよう努力を惜しみません」。リングネームにJAPANを冠したドミニカ人は、控えめに白い歯を見せた。

ボクシングライター
岡庭 慎

 

IMG_1829.JPG   IMG_1828.JPG
 ドミニカ共和国大使館で大使に表敬訪問した際  デスティノジャパン

 


 

 

デスティノジャパン

かつてより当ジムでトレーナーとしてサポートしてくれた
ブラディことブラディミールバエスは
3月16日付けでJBCよりライセンスを取得し
当ジム所属で2年のブランクを越えて試合をしていくこととなりました。

普段より練習生の皆さんからの評判も良く
熱心に指導してくれるデスティノジャパンは
3月14日にドミニカ共和国大使館でエクトルドミンゲス大使に表敬訪問し
激励のお言葉を頂戴いたしました。

ボクサー人生の最後を日本の地に選んだデスティノジャパンを
今後ともあたたかく見守っていただけると幸甚です。

またスポンサーも同時募集しております。
今後とも応援よろしくお願いいたします。

元ドミニカチャンピオン

昨年より当ジムで練習していたBAEZ TAVERAS  BLADIMIR ARGENYが

本年度より当ジムで選手兼トレーナーとして契約することとなりました。

(24戦20勝18KO2敗2分 元スーパーライト級ドミニカチャンピオン)

引き出しも多く、性格も明るいブラディは昨年も練習生の皆さまから大変好評で

ジムとしても大変期待をしており、再びタイトルへ向けスポンサーも大募集です。

引き続き応援どうぞよろしくお願いいたします! 

 

 

 

謹賀新年

2016年元旦

本年も皆さまにとってご健康でご多幸な一年となりますように・・・

今年も一年よろしくお願いいたします

 

会長  渡久地聡美